BLOG

2018.07.05

【頑張らない朝活】で、毎朝ちょっぴりハッピーになる3つの方法

ライフスタイル
625 うめごん

眠たい朝

「朝活なんて意識高すぎる・・・。私には無理!」
という全国のズボラ&夜型女子さんに朗報♪ 
朝活って、頑張らなくてもいいんです。

こんにちは。
ペン字の練習始めました、うめごんです。

今回は、「心にも身体にも良いこと尽くめ!」 ということですっかりヘルスケアニュースの常連になっている 『朝活』 についてご紹介します!

朝活というと、レモン入りの白湯を飲んだり、ヨガやランニングの後に出勤したり、常備菜を作ってみたり・・・。
素敵だなとは思うけど、ちょっぴりハードルが高いイメージがありませんか?

簡単な朝活で毎日すっきり起きたい!

今回は、「朝活はなんだか難しそうだけど、毎朝シャッキリ起きて頑張りたい!」 という女子の皆さんに、「(あえて)意識低めの朝活」 をご紹介します♪
最近五月病でダルいなあ~という方にもおススメです!

慣れないことを張り切って一気に始めようとすると、負担も大きくなってしまいがち。
「早く起きて朝活しなくちゃ」という強迫観念や、「また頑張れなかった・・・」という自己嫌悪のストレスに朝から支配されるのは避けたいですよね。

それなら、無理をしなければいいんです♪
新しい習慣作りのコツは、「やらなきゃいけない」の気持ちをできるだけ捨てて、自分のタイミングで自分のしたいことを楽しみながらすること。

毎日の生活に新しいことを少しずつプラスして、ゆる〜くマイペースに朝活を始めてみましょう!

レベル0:目覚まし時計を足元に置く

目覚ましを足元に置く

まず、目覚まし時計を使っている方は、時計を足元のほうに置いておきましょう。
さらにどうしてもベッドでぐずぐずしてしまうという人には、音が大きいベル型の目覚ましをオススメします。

こうすることで、鳴り響く目覚ましを止めるために強制的に半身が起こされます。笑

レベル1:朝起きたらカーテンと窓を開ける

朝一番にカーテンと窓を開ける

目覚まし時計を止めたらその足で、カーテンと窓をガバッと開けてしまいましょう。

朝一番に太陽の光を浴びると気持ちが切り替わって目が覚めるという方も多いと思いますが、その現象は科学的にも解明されています。
目の網膜には物体を見る細胞とは別に、周囲の明るさと暗さを認識する細胞があります。

その細胞が周囲が明るいと判断すると、体を活発に動かすための『交感神経』に刺激を与えます。
逆に暗いと認識すると、ゆっくりとリラックスして休めるように『副交感神経』を活性化させます。

朝日を浴びると体が自動的に起きてくれる

つまり、きちんと体を起こすためには、目に光をたくさん入れてあげて、「朝だよ~!」と脳に教えてあげる必要があるということなのです!
この細胞が働くためには相当の光量が必要になるので、室内灯ではなく太陽光がよいとのこと。

さらに窓も一緒に開けることで、外の風が入って車の音や鳥の鳴き声などが聴こえて、徐々に頭もスッキリしてきます。

レベル2:ちょっと余裕がある朝は、いつもより長く歩いてみる

ちょっと歩くと目覚めもスッキリ、運動不足解消にも!

朝のコンディションが良く、首尾よく準備が終わっていつもより少し時間に余裕があるなぁ〜という日、たまにありますよね!
そんな日は少し早めに家を出て、いつもよりちょっぴり長めにあるいてみましょう。

いきなり「週◯回は歩く!」などの目標設定はしなくても大丈夫です。
最初は「天気が良いから」「聴きたい音楽があるから」とか、その朝の気分で始めてみましょう♪

歩く距離や時間についても同じです。
例えば「20分歩く」「最寄りの一駅前で降りる」「あそこのコンビニに寄って行く」など、気軽にいきましょう!

自分のモチベーションが上がっている日に歩いてみると、きっと色んな変化が見えてくると思います。

出勤前にちょっと身体を動かすことで、頭も身体もスッキリ冴えたり。
いつもと違う景色の中を歩くことで、朝のマンネリ時間に新しい風が吹いたり。

自分の身体でメリットを実感できたら、きっと「もっと歩きたい」って自然に思えるはずです♪

歩く楽しさを最初に知ってしまえば、シェイプアップ目的で目標を決めてキビキビ歩いたり、距離を伸ばしてみたり、少し頑張りもきくようになってきます。

番外編:究極の朝時短を目指す方は、前日の夜に準備を済ませてしまいましょう!

前日に用意しておくと次の日の自分が楽

朝のルーティンワークにプラスアルファで何かをすることだけが朝活ではないと、私は思います。

「朝、いつもより余裕をもって外出できるように、前日の夜に準備を整えておく。」

これも立派な『朝活』ではないでしょうか?
(ズボラ的発想の転換。笑)

例えば、夜寝る前に、次の日に着るお洋服とコスメを準備してみる。 たったこれだけ。

ポイントは、準備を作業として考えないで、イメージをふくらませながら行うこと♪

イメージを膨らませて準備

アウター、トップス、ボトムスなど基本のセットはもちろん、髪型や小物に下着など、細かいところまでイメージして、明日のトータルコーディネートを考えてみるのがベスト。

コスメは、明日使うものを選んで、横から順番に並べておきます。

いつもおなじみの子たちでそろえてみるもよし。
ちょっと変わり種を入れて遊んでみるもよし。

ひと手間を惜しまず、ハッピーな明日をイメージして楽しみながらやってみるのが大切です☆

メイクにも時間がかけられる

まず、前日にディティールまで準備をして 「あとはもう着るだけ!塗るだけ!」 の状態にしておくと、単純に朝がとても楽です。笑

例えばリップの色を決めるのも、ひとつの立派な『決断』。
何かを選ぶという行為は、実は結構なエネルギーが要るものです。

朝が苦手な方には特に、服とコスメの決断を夜のうちに済ませてしまう方法はとってもオススメ!
ちなみに、かの有名なスティーブ・ジョブズ氏も、黒のタートルネックとジーンズを何セットも用意して、朝の決断疲れを防いでいたそうです!

明日に向けての心の準備や気持ちの切り替えに

さらに、比較的余裕のある夜なら、自分の身の回りの様々な物事に想いをめぐらせることができます。

「明日は雨だからお気に入りのロングスカートはやめておこう」
「お洋服が暖色系だから、リップとチークもオレンジで合わせてみようかな?」
「彼氏にフラれて涙が止まらないから、明日は腫れた目をカモフラするために念入りにアイメイクできるようにしておこう(泣)」

こんなふうに明日の自分を具体的にイメージすることは、今日の出来事の振り返りを自然に促し、そして明日に向けての心の準備や気持ちの切り替えに一役買ってくれるのです。

『衣食住』の筆頭、『衣』。「装うこと」。
『装い』というのは想像以上にその人の生活や人生に密着しているもの。

朝のバタバタの中でないがしろにしてしまっては、自分がすたります!

それに、前日に用意しておいたものが朝の気分とピタッとハマったら、なんだか気分的にもアガりませんか?
「昨日の自分、グッジョブ♪」 って、朝一番からもう自分を褒めちゃうポジティブマインドの完成です!笑

まとめ:朝活は頑張らなくてもいい!

頑張らない朝活

いかがでしたか?
少しずつ慣れて朝の時間に余裕が出てきたら、例えばヘルシーな朝ごはん作りやヨガなど、次のステップに進んでみてもいいかもしれませんね♪

毎朝起きてお仕事に出たり、家事をこなしたり、お子さんと遊んだり・・・
少々無理をしないといけない場面もたくさんあるでしょう。

でもたまには自分の心の声をきいて、ゆったりと足並みを合わせてあげることも忘れずに♪

皆さんのハッピーでご機嫌な朝ライフを応援しています!!


Related articles