BLOG

2018.01.22

切って煮るだけ!超簡単ジンジャーシロップの作り方♪

癒やし・ヒーリング
625 うめごん

30分で出来る簡単ジンジャーシロップ

自家製ジンジャーシロップで冷えを撃退!

はじめまして。
お風呂上がりのラジオ体操にハマっているうめごんです。

今回のテーマは
自家製ジンジャーシロップで冷えを撃退!

最近本当に寒いですよね。
カラダが慢性的に冷えてしまうと、健康面、美容面、そして精神面でもさまざまなリスクが生じるというのは皆さんどこかで耳にされたことがあるかと思います。

「とはいえ、冷えないカラダの基礎作りとかはちょっと大変そうだな…」
「運動は苦手だけど健康なカラダを手に入れたい」
「寒い冬でも新陳代謝を高めてダイエット効果を高めたい!」

そんなあなたには、冷え気味のカラダを手っ取り早く温められる
【自家製ジンジャーシロップ】がオススメ!

ここからは簡単ジンジャーシロップの時短レシピをご紹介します。
切って煮るだけ。 なんと30分で完成です!

ジンジャーシロップの作り方

材料

材料

(ジンジャーエール約5杯分)
・ショウガ 100g
・砂糖   100g
・水    100ml
・鷹の爪(赤唐辛子) 1本
・シナモン ひとつまみ
・密閉保存できる瓶(ジャム瓶ほどの大きさがジャストサイズ)

唐辛子には血行を促進する効果があり、カラダがよりポカポカします!
(1本で市販の辛口ジンジャーエールくらいの辛さになります。)

辛味が苦手な方は、唐辛子を抜いてシナモン多めのレシピがおすすめ♪
鎮静作用で心を穏やかにしてくれます。

下ごしらえ

ショウガは硬い皮をむいて薄切りにします。
唐辛子は切らずに使用します。

材料をすべて鍋に入れて煮出す

材料をすべて鍋に入れて、とろみがつくまで煮出す

15〜20分ほどとろみがつくまで煮出します。
途中で味を見て、辛味を強く感じたら唐辛子を取り出しましょう。

※今回はコンロとフライパンですが、混ぜやすい小鍋の使用をおすすめします!

沸騰しない程度の火加減

ショウガの香りが飛んでしまわないよう、沸騰しない程度の火加減で、ゆっくりじっくりと煮ていきます。

同時進行で、保存用の密閉瓶を煮沸消毒しておきましょう!

ジンジャーシロップを瓶に入れる

瓶に入れて冷蔵庫で保存

ある程度とろみが出たら鍋の上で粗熱を取り、消毒しておいた瓶に入れて冷蔵庫で保存します。(保存期間は2〜3週間ほど)
スライスしたショウガも一緒に入れておくと、味わいが深まってきます♪

ジンジャーシロップの完成!

ジンジャーシロップの完成です!

ジンジャーシロップの楽しみ方

朝:レモン果汁を加えてお湯割りに

レモン果汁を加えてお湯割りに

寝ぼけて固まった身体をほぐし、エアコンなどで乾燥した肌をうるおします。
お好みでハチミツをプラスすると、風邪(特に喉の症状)にも効果的!

お湯割りはショウガのあたため効果をダイレクトに実感できるので、個人的にはNo.1王道アレンジという気がします!

昼:これぞ定番!ジンジャーエール

これぞ定番!ジンジャーエール

キンキンに冷やした炭酸水で割るだけ!
ク~ッと爽快なのどごしの後から、どんどんカラダの内側からぽかぽかしてくるという不思議な飲み物です(笑)

レモンやライムを絞るなど、色々なバリエーションで楽しめそう♪

夜:ワインで割ってナイトカクテルとして

ワインで割ってナイトカクテルとして

赤ワイン+ジンジャーエールの人気カクテル「キティ」をご自宅で。(おしゃれ〜〜〜☆)
温めても美味しくいただけます♪

ちなみに、夜に飲む赤ワインにはダイエットや安眠促進など、プラスで嬉しい美容効果が・・・!
最強の栄養ドリンクで元気&キレイな明日を迎えましょう!!

番外編:生姜焼きの味付けにも!?

お醤油を加えたらお手軽調味料としても活躍しそう♪

まとめ

いかがでしたか?
きっちりした計量や技術も必要ないので、簡単に自分好みのお味が作れます♪

毎日お仕事や家事などで忙しくされている方もぜひ気軽に挑戦してみてくださいね。

今年の冬はジンジャーシロップを常備して
心も身体も「ほっ」とあったかく過ごしましょう(*^^*)


Related articles